【湘南 vs 名古屋】 ウォーミングアップコラム:秋元陽太、一喜一憂せずに

2018年3月10日(土)


湘南は前節、川崎Fとのアウェイゲームに臨み、1-1と引き分け、勝点1を持ち帰った。勝利を目指していればこそ試合後のチームに笑顔はなかったが、しかしディフェンディングチャンピオンを相手に示した彼らの落ち着いた戦いぶりは、手にした勝点以上の意味を観る者に感じさせた。

ポゼッションにまさる相手の攻撃に対し、湘南はコンパクトに対峙した。ラインをズルズル下げることなく攻撃的なディフェンスを窺っていく。家長昭博のピンポイントクロスから小林悠に決められ先制こそ許したものの、プレシーズンを含め育んできた守備の安定感や時間帯に応じた戦い方は発揮され、押し込まれてもGK秋元陽太(写真)を中心に最後のところで食い止めた。

小林や知念慶ら攻撃のタレントが繰り出す鋭利なフィニッシュに、秋元は前半から鋭く身を挺していた。だが試合後は、失点シーンをはじめ課題が口をついた。

「あそこで防ぐか防がないかは自分たちの課題。またあの失点以外にも、たとえば奪ったボールなど、J1のチャンピオンチームの質の高さを感じた。小さい差が積み重なって大きな差になると思っているし、僕たちは一瞬たりとも油断できない。崩れるのは一瞬だし、しっかり反省してまたやりたい」

今節はホームに名古屋を迎える。彼らもまた攻撃に優れる強敵だ。ガブリエル シャビエルをはじめ、今季はさらに元ブラジル代表のジョーや、かつて湘南でともに戦った長谷川アーリアジャスールらが加わり、その迫力は増している。「一喜一憂せずにやっていきたい」秋元がそう引き締めたように、今節もまた粛々と自分たちのやるべきに集中する。

文:隈元大吾(湘南担当)


明治安田生命J1リーグ 第3節
3月11日(日)16:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs 名古屋グランパス
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.4)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.0)

移籍情報