【川崎F vs 湘南】 ウォーミングアップコラム:小林悠が勝つことの難しさを痛感つつホーム開幕弾を狙う

2018年3月1日(木)



リーグ開幕戦となったアウェイの磐田戦後、キャプテンの小林悠は「やっぱりホッとしているなというのが一番です」と口にしていた。

長めのオフと準備段階での手応えもあり、自信を持って臨んだC大阪とのFUJI XEROX SUPER CUPに完敗。さらに続くACLの2連戦でも2連敗。初優勝の美酒に酔いしれた昨季は、個別の大会にしても、公式戦にしても一度もなかった連敗をシーズン序盤で喫してしまった川崎フロンターレは、公式戦3連敗で今季を開幕させていた。

結果こそ出ていなかったが、選手間から悲観的な声が出ていなかったのは試合を重ねるごとに内容は良くなっていたから。未勝利ながら手応えを感じていた中でリーグ戦の開幕を迎えていた。

「勝てていないが、悪くはない」というチームがズルズルと負けを重ねがちな過去の傾向に怖さを感じつつ、昨季のリーグ最少失点の磐田とのアウェイマッチを3−0のスコアで快勝。ようやく今季初勝利を手にすることができた。

今季の川崎Fはリーグ連覇とACL制覇のダブルタイトルを当面の目標としている。リーグチャンピオンとしてのプレッシャーもあった中、勝てない事がチームを悪い方向に導くこともありえた。だからこそ小林は「勝つというのは大変だなと思いましたしみんな勝つことの嬉しさとかすごい考えさせられた試合だと思うので。これを次に繋げられればいいかなと思います」と安堵の表情を見せていた。

そんな小林は今節対戦の湘南の印象として次のような言葉を残している。

「映像を見てもすごくハードワークするし、走って勢いがあるチームだと思うので。勢いに載せちゃうとすごく嫌だと思いますし、その勢いを利用してボールを回したりできればなと思います」

ちなみに5年連続開幕ゴールを逃したことについて小林は「いやー、ちょっと自分でチャンスを逃してしまったので」と反省。ただすぐに「でもチームが勝てたので。自分は次決めるという感じで切り替えるしかないです」と話している。

開幕弾は逃したが、ホーム開幕弾でサポーターを喜ばせることができるのかどうか。期待したいと思う。

文・写真:江藤高志


明治安田生命J1リーグ 第2節
3月2日(金)19:00KO 等々力
川崎フロンターレ vs 湘南ベルマーレ
等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.1)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報