【2018シーズン始動!】熊本:新体制発表での出席者コメント

2018年1月10日(水)

1月10日(水)、熊本の新体制発表が行われました。コメントは以下のとおりです。
2018シーズンファンクラブのお申し込みはこちらから!
----------



●永田求アスリートクラブ熊本代表取締役
「皆さんこんにちは、そしてあけましておめでとうございます。寒い中、お集まりいただきありがとうございます。お分かりになるように、例年以上に新しい選手がここに集いました。応援いただきながら頑張ってくれると思います。それと、新しいスローガンを『飛翔』としました。この意味は、Jリーグに入って11年目になります。未来へ飛躍する年、そういうことを皆さんと一緒に歩んでいきたいという気持ちを込めております。それから今まで使っていた『絆~180万馬力』というのは、私たちのスピリッツとして、いろんな形で使っていこうと思っております。今日の主人公はここにいる選手たちと新しいGM、監督ですので、ご挨拶はこれくらいで。よろしくお願いします」

●織田秀和ゼネラルマネージャー
「皆さんこんにちは。今月からいよいよロアッソ熊本の一員になることができました織田です。どうぞよろしくお願いします。昨年、チームの方は残念な成績だったと思うんですが、その悔しさを胸に、今年は県民の皆さんに喜んでいただけるようなチームにしていきたいと思っております。そのためには日々のトレーニングですね、それから1日1日、目の前の一戦一戦をしっかり戦っていくことが大事かと思っております。そういう積み重ねの結果で上位が見えてくることにるながってくると思いますので、選手が、監督が、コーチが試合に集中できる環境作り,雰囲気づくりに取り組んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いします」

●渋谷洋樹監督
「あけましておめでとうございます。今季、監督に就任しました渋谷です。昨年末の就任記者会見でも話しましたが、既存の選手は悔しさを持って戦うこと、そして新加入選手は熊本の地でしっかりとプレーヤーとして活躍して、復興のシンボルでもあるロアッソ熊本の力になって、絶対に、みんなに確かな元気を伝えるということ、それを求めて1年、上を目指して、1つ1つ、目の前の対戦にしっかりと準備をして戦って、喜びを与えるというのが私の使命だと思ってやっていきたいと思います。選手に伝えたいのは、1日1日前進できるように、上手くなる、強くなる、これを求めてやっていきたいと思います。1年戦った後にみんなで喜べるような戦いをしたいと思いますので、いろいろ困難なこともあるかもしれません。ここにいる皆様方が、我々をいろんな形で伝えてくれると思いますけれども、その時に、我々に対しての叱咤激励もそうですけれども、いい形でアピールしていただきたいと思ってますので、皆さんとともに戦っていきたいと思いますし、ファン、サポーターの方達にも我々の力になって欲しいですし、我々からも力を与えたいと思います。今年1年、よろしくお願いします」

●藤本主税コーチ
「こんにちは。ロアッソで引退しまして、3年間、アカデミーで指導しました。今年からトップでコーチをさせていただくことになります。渋谷さんをしっかり支えながら、選手たちが100%の力を発揮できるように、いい熱を選手たちに送れるように、頑張りたいなと思いますので、1年間よろしくお願いします」

●青木剛選手
「みなさんこんにちは、サガン鳥栖から移籍してきました青木剛と申します。まずは、こうしてロアッソ熊本に加入できたことを大変嬉しく思っています。僕は35歳なんですけれども、今まで何をしてきたかということよりも、ここから何を残していけるか、自分の中ではそういった気持ちを大きく持っています。ここから、熊本のため、チームのために全身全霊を尽くして自分を表現していけたらと思っております。よろしくお願いします」

●多々良敦斗選手
「みなさんこんにちは、ジェフ千葉から移籍してきました多々良敦斗です。1つでも多くチームの勝利に貢献できるように、練習からしっかりと、厳しく戦う姿勢を見せていきたいと思いますし、しっかりコミュニケーションをとって、チームを支えていけたらなと思います。よろしくお願いします」

●伊東俊選手
「初めまして。京都サンガから加入します伊東俊です。去年は個人的に出場機会がなく厳しいシーズンで、ロアッソ熊本も残留争いをする厳しいシーズンだったと思います。今年は、個人的にもチームもいい話題でみんなが笑顔で終われるように、1日1日を厳しく、皆で高め合ってやっていきたいと思います。よろしくお願いします」

●皆川佑介選手
「みなさんこんにちは、サンフレッチェ広島から来た皆川佑介です。1日でも早く名前と顔を覚えてもらえるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

●高瀬優孝選手
「こんにちは。大宮アルディージャから移籍して来ました高瀬優孝です。まずは、このチャンスをいただけたことに関して、チームに感謝しています。昨シーズン、自分は怪我もあり、なかなか出場できなくて悔しい思いをしたので、今年はそれを晴らしたいと思います。よろしくお願いします」

●田辺圭佑選手
「みなさん初めまして。FC琉球から移籍してきました田辺圭佑です。ロアッソ熊本に加われることを大変嬉しく思っています。自分の力を100%出して、少しでも貢献できたらなと思っています。よろしくお願いします」

●佐野翼選手
「みなさんこんにちは、初めまして。アルビレックス新潟シンガポールから加入することになりました佐野翼です。ロアッソ熊本に関わる全ての人々の期待に応えられるよう、日々努力していきます。よろしくお願いします」

●坂本広大選手
「こんにちは、中京大学から加入しました坂本広大です。ジュニアユース、ユースと6年間育ててもらったクラブに再び戻ることができて非常に嬉しく思っています。地元熊本のために、そしてこのチームのために全力で頑張りますので、よろしくお願いします」

●池谷友喜選手
「こんにちは、中央大学から加入することになりました池谷友喜です。僕もジュニアユース、ユースと6年間過ごさせてもらった熊本に加入することができて、とても嬉しく思います。ジュニアユース、ユースとお世話になってクラブで1つ1つ恩返しするためには、プレーで活躍することが一番だと思うので、1日1日を大切にして頑張っていきたいと思います」

●衛藤幹弥選手
「みなさんこんにちは。ユースから昇格しました衛藤幹弥です。地元のクラブでプロ生活をスタートできることを大変嬉しく思います。少しでも早くチームに貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いします」

【質疑応答】
Q:クラブスローガンはどのように決まったんでしょうか?

●永田求アスリートクラブ熊本代表取締役
「まず、社内で公募しました。先ほど申しましたが、Jリーグに入りまして11年目ですので、次に向けて力強く歩み始めようと、自分たちだけの力ではなくて、みなさんとともに歩みたい、そういう思いが込められています」


Q:監督とGMにお聞きしますが、降格圏の21位という昨季の成績を覆すために、どんなチーム作りをしますか?

●渋谷洋樹監督
「まず、21位という結果はもう出たものです。しかし、いる選手が、21位という結果を出すような選手たちだとは私は思っていません。映像を見ると、残念ながら得点の少なさというのが最終的な結果となっているので、そういうところをトレーニングで高められるようにしたいのと、だからといって守備をおろそかにするのではなくて、そのバランスをとってしっかりやっていきたいなと思っています。そのためにも、やっぱりトレーニングでしっかり準備をするときにも、1つ1つのプレーで上手くなるとか、強くなるということを意識してやらなければそういう結果は生まれないと思いますので、そういうところをしっかりとやっていきたいと思います。それが結果につながればみんなの自信にもなると思うので、自信をつけられるように、しっかりとトレーニングで100%、まずは私が全力を尽くしてやりたいと思います」

●織田秀和GM
「具体的な修正ポイントや強化ポイントは監督、コーチにお任せしていますので、しっかり指導していただけたらと思います。私から選手たちにお願いしたいのは、とにかくハードワークをすること。90分間走りきる、最後まで戦い抜く、そういう姿勢をやはり熊本の皆さんにお見せすることが大事かと思っております。それをぜひ遂行してほしいと思っています」


Q:それぞれに得意なプレー、見てほしいところを教えてください。

●青木剛選手
「自分は、どんな時でもチームが勝つためにプレーするということがすごく大事だと思っているので、チームのためにということを意識したプレーを心がけています」

●多々良敦斗選手
「僕の長所としては、コーチングだったり人を動かすことはできると思うので、1+1を2以上にできるような声かけをしていければと思っています。あとはフィードに自信を持っているので、そういうところを見てほしいと思います」

●伊東俊選手
「僕はいろんなところに顔を出して、周りの選手のパスコースを作って楽にさせてあげられるようなプレーをしたいです」

●皆川佑介選手
「僕は前線でのハードワークだったりポストプレーで周りを生かすことだったり、最後は自分で決めるという気持ちを持って、ダイナミックに飛び込むプレーが持ち味だと思っています」

●高瀬優孝選手
「自分の特徴は左足のクロスと運動量です。アシストにこだわって結果を残したいと思います」

●田辺圭佑選手
「自分はボランチなので、潰しやゲームメイクでチームを支えていきたいと思っています」

●佐野翼選手
「泥臭く、とにかくチームのために貢献することを意識しています。FWなのでとにかくゴールを、できるだけ多く取れるようにやっていきます」

●坂本広大選手
「僕はスピードに乗ったドリブル突破が特徴だと思っています。アシストやゴールといった目に見える結果を残して、チームに貢献したいと思います」

●池谷友喜選手
「僕は運動量と、ゴールへの嗅覚を大事にしています。いちばん見てほしいのは戦う姿勢で、1人でも多くの人の魂を震わすようなプレーができればと思っています」

●衛藤幹弥選手
「自分はディフェンスをやっているので、1対1の守備を見てほしいです」


Q:渋谷監督にお聞きします。上を目指すということで、具体的な数字や見据えているところは?

●渋谷洋樹監督
「就任会見でも話しましたけれども、J2を戦っているということは、J1昇格を目指して戦わなければいけなというのが普通の考え方でもありますし、そこを目指してやっていきたいと思います。ただ、一戦必勝というのが非常に重要で、目の前の一戦にしっかり準備をして戦って、勝っていくことが最終的にJ1昇格が見えてくるので、私自身は順位というよりも、まず1節目の試合にしっかり勝つことを目指してプレシーズンはやりますし、1年間戦うためのタフなトレーニングをしっかりやっていく。選手はこれから、日本代表であったり、世界というところを目指してトレーニングをしなければいけないと、私自身はずっと思っています。上を目指すというのは、もちろんJ1昇格もそうですけど、上でできる、例えば他のクラブから声をかけられるというのも、その1つかもしれません。なのでJ1昇格をしっかりと目指すということは、自分では思っています。ただ、そこばかり見て足をすくわれて、それで結果が出ないということになるので、1つ1つ、しっかりとした地固めをして、上を目指してやっていきたいと思っています。すみません、何位というのは言えなくて」


Q:新加入のメンバーも見て、改めて、目指すサッカーのスタイルは?

●渋谷洋樹監督
「昨年は21位という結果でしたけれど、昨年をベースにやっていきたいと思います。私がやろうとすることも、トレーニングではやっていたんじゃないかと、北嶋秀朗コーチの話を聞いてもそういうことを言ってましたので、そこを継続してやっていきたいのと、プラスアルファとして私が今までやってきた経験をしっかりと伝えて、ボールを持った時は落ち着いてビルドアップするというところはイメージしたいですし、守備においてはコレクティブにみんなで戦う。そのために全員がハードワークするというのが当たり前になるようなチームにしたいと思います」


Q:藤本コーチにお聞きします。熊本で現役を引退して、コーチとしてトップチームに戻ってくることになったお気持ちを教えてください。

●藤本主税コーチ
「すごく光栄なことで、ロアッソで引退して、いつかはトップチームにという思いがあったなかで、中学生、小学生と育成の指導にあたることで、いつかここに立つ権利を得られると信じてやってきたので、今回、チャンスを与えていただいたクラブに心から感謝しています」


Q:青木選手にお聞きします。J1で400試合出場という経験をどうチームに伝えていきたいでしょうか?

●青木剛選手
「まずは日々の練習がものすごく大事だと思っていますし、準備が大事だと考えているので、日々の練習や取り組みを通して、自分に伝えられるものがあれば、まずはそういう姿勢で示したいなと思っています」


Q:選手の皆さんにお聞きします。これまで一緒にプレーしてきた選手、一緒にプレーしていなくても構いませんが、ご自分でライバルと思っている選手がいれば教えてください。

●青木剛選手
「ありきたりかもしれませんが、ライバルは自分だと思っています。自分に勝ちたいと思っていますし、こうして年を重ねてきていますけど、新シーズンを迎えるにあたって、過去最高の自分でありたいと思っていますし、過去最高のシーズンにしたいと思っています」

●多々良敦斗選手
「僕もライバルというのはあまり考えたことがなくて、周りを見過ぎても自分を見失ってしまうので、自分自身をしっかり高められるように、毎日何ができるかを考えてやってきたので、これからもそのスタンスでいきたいなと思います」

●伊東俊選手
「僕も一緒で、いないというか(笑)、あまり考えたことがないので、いないです(笑)」

●皆川佑介選手
「僕はFW全員がライバルだと思っています。誰1人、ポジションは約束されていないですし、日々、自分にできることを100%やって、渋谷さんが掲げるサッカーを100%できるように、1日1日を大切にしたいと思っています」

●高瀬優孝選手
「僕もそんなに考えたことはありませんけど、自分はクロスが武器なので、シュートシーンでいいクロスを上げている人がいたら「誰だ!?」と思います」

●田辺圭佑選手
「チームにいる同じポジションの人だと考えています」

●佐野翼選手
「僕も皆川選手と同じで、同じポジションの人だと思っています。ライバルというより、しっかりコミュニケーションを取り合って、チームメイトとお互いに切磋琢磨していけたらと思います」

●坂本広大選手
「ライバルというよりも刺激をもらっていた選手なんですけど、嶋田(慎太郎)と上村(周平)は同じユースで、高卒でトップチームに上がった存在として、常に刺激的な存在でした」

●池谷友喜選手
「僕もライバルというより、同期とか、ユース出身の選手が活躍していると刺激をもらいますし、自分もやらなきゃいけないと思います。同じ世界に入って負けたくないですし、お互いに高め合って、切磋琢磨して、チームをいい方向に導けたらなと思います」

●衛藤幹弥選手
「自分もあまり考えたことはなくて、一番のライバルは自分だと思っているので、どう打ち勝っていけるかを毎日考えてやっていきたいと思います」


Q:熊本で行きたいところを教えてください。

●青木剛選手
「熊本のイメージは熊本城や阿蘇のイメージがあります。僕はすごく自然が好きなので、阿蘇の広大な、壮大な景色を見に行きたいと思っています。あとは、高校2年生の時に国体でご縁があって、ホームステイでお世話になった家族の方々がいるので、そういった方にも会いに行きたいなと思っています」

●多々良敦斗選手
「お城が好きなので熊本城に行ってみたいと思うんですが、他のところはわからないので、教えて欲しいなと思います」

●伊東俊選手
「生まれが北海道で何もわからないので、1年かけて探していきたいです」

●皆川佑介選手
「僕も熊本には縁がなかった場所です。1月末に家族もくるので、家族でいけるような場所をサポーターの方に聞きたいと思います」

●高瀬優孝選手
「昨年、ザスパクサツ群馬でチームメイトだった、Jリーグで一番ラーメン通の盛田剛平さんが、「熊本ラーメンがいちばん美味い」といってたので(笑)、ラーメンを食べたいと思ってます」

●田辺圭佑選手
「自分は去年まで沖縄にいて、沖縄での趣味が釣りだったので、熊本でも是非釣りができればと思っています。ポイントが分かる方がいれば教えてもらいたいです(笑)」

●佐野翼選手
「僕は温泉が好きなので、様々な温泉に行って見たいと思います。馬刺しも好きなので、美味しいお店があったら教えてもらいたいと思います」

●坂本広大選手
「僕も温泉が好きなので、阿蘇の方の温泉に行きたいと思います」

●池谷友喜選手
「熊本出身ですけど、高校生までは車に乗れなかったので、車で行ける自然豊かなところ、阿蘇とか天草に行ってみたいなと思っています」

●衛藤幹弥選手
「自分は18年間ずっと熊本にいるので(笑)、新加入の皆さんを案内します」


Q:ロアッソ熊本には勝利の後にサポーターと一緒に喜び合う「カモン ロッソ」というダンスがありますが、ご覧になったことがあればその印象、ご存知なくても意気込みなど教えてください。藤本コーチにはそのコツを教えてください」

●青木剛選手
「映像や写真では見たことがあるんですけど、ああいう形でサポーターの方々と一緒に喜びを共有できるのは本当に素晴らしいことだと思うので、ぜひ自分もやってみたいと思っています」

●多々良敦斗選手
「すみません、全くわからないので、教えてもらいます」

●伊東俊選手
「一緒です、わからないので…、すみませんでした(笑)」

●高瀬優孝選手
「映像で何回か見た程度なんですけど、勝たないとできないと思うので、試合に勝ってみんなで喜びを分かち合いたいと思います」

●田辺圭佑選手
「僕もわからないので、早く覚えられるように頑張ります」

●佐野翼選手
「映像では見たことがあるんですけど、できるだけ多く試合で勝って、サポーターの皆さんと1つになれるように、なるべく早く一緒にやりたいと思います」

●坂本広大選手
「下部組織の時からスタンドで見ていて一緒にやりたいと思っていたので、多く勝って、多くやりたいです」

●池谷友喜選手
「僕も中学高校の時はスタンドで見ていました。ユースの時は一度、サポーターの方に頼んでやってもらったこともあって、その時はすごく嬉しかったです。それをプロの舞台でできれば、すごく嬉しいなと思います」

●衛藤幹弥選手
「自分もスタンドで見ていて、勝った後の楽しみだったので、少しでも多くできるように、頑張りたいと思います」

●藤本主税コーチ
「コツとかはないんですけど(笑)。歩きながらやってる選手がいるんですけど、ちゃんとジャンプしながらやらないといけないんで、そこはしっかりやっていただきたいなと思います(笑)」


Q:監督に伺います。新加入選手には日本代表を経験した選手もJ1を経験した選手もいます。新加入選手に期待することは?

●渋谷洋樹監督
「選手にはそれぞれ特徴があると思いますけれども、その特徴をチームにしっかり還元できるようにやっていきたいというのが、ここにいる選手たちのプレーを最大限出させるというのが、私の仕事かなと思っています。もちろん、ここにいるメンバーはプラスになってくれると思いますし、なってくれなければいけないと思うので。その覚悟でみんな来ていると思うので。結果でしかそれは表せないと思うので、彼らも、私がやろうとする形をイメージしてやってもらうのもそうですけど、私も導けるように準備したいと思います。彼らが活躍してくれることが、熊本が上に行くための重要なポイントなので、そこを期待しています」

以上




J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで熊本のホームスタジアム「えがお健康スタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
えがお健康スタジアム(ロアッソ熊本)

スタジアムナビ