【鹿児島 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:鹿児島を支える三本の矢。チームを率いた赤尾 田上 藤本の“勇情”

2017年12月2日(土)



2017年シーズンも残すところあと1試合。最終節を前にどうしても話を聞きたかったのが鹿児島ユナイテッドFCの今シーズンを支えてきたキャプテン赤尾公(写真左)、副キャプテン田上裕(写真中)、藤本憲明(写真右)の三人だ。J2昇格を目指し戦い続けた今シーズンをどんな想いで挑んできたのか、本音に迫る。

「苦しんだシーズンでした」と今シーズン初めてキャプテンという重責の中戦った赤尾は振り返る。「でも田上、藤本二人が支えてくれていい一年だったと思います」と二人への感謝も綴った。J2への昇格をかけたシーズンは私達には想像もつかない程のプレッシャーがあったに違いない。4連敗から脱出した鳥取戦で涙した赤尾の涙が物語っていた。赤尾が苦しんでいる時には田上が励ましのメールを送ったり、田上が若い選手に声をかけると藤本が「ナイスタノ!」と声をかけたりと三人は見えないところで支え合った。「気づきました?藤本はキャプテンマークを腕に巻くと普段より運動量増えるんですよ!」と田上。その責任が今年の藤本の圧倒的な得点力に繋がっていると田上は分析する。

最高なメンバーで戦った今シーズン、いよいよ今節が最後の試合になる。
最終節に向けての意気込みを聞いてみた。「やはり“勝つ”ことが一番ですね。鹿児島らしいサッカーを表現したい」と藤本。田上は「目標を達成するためにはチームはまとまりが大切。今年はまだ足りなかった。最終節は来年に期待を持ってもらえるような試合を見せたい」と話す。そしてキャプテンの赤尾は「一年間どんな時も同じ熱で応援してくれたサポーターにしっかり戦う姿勢を見せたい」と強い心を見せた。さらに赤尾は「J2昇格は今年叶わなかったですが、ノリ(藤本)の得点王。このチームから得点王を出したいですし、そしてタノさん(田上)と同じピッチで戦いたいです。みんなで一つとなって戦いたい」と共に戦った選手への想いを語ってくれた。

鹿児島ユナイテッドFCの2107年スローガーン“勇情”。
大きな目標へ立ち向かう“勇気”、絶やすことのないサッカーへの“情熱”。そして大切な仲間との“友情”―。
今年の鹿児島ユナイテッドFCは素晴らしい戦いを私達サポーターに魅せてくれた。今シーズンを共に戦ったこのメンバーで向かう最後の試合になる。

最後まで共に!鹿児島の熱き“勇情”をー。

文:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J3リーグ 第34節
12月3日(日)13:00KO 鴨池
鹿児島ユナイテッドFC vs SC相模原

スタジアムナビ

スタジアムナビ