【山口 vs 愛媛】 ウォーミングアップコラム:残留を決めるゴールへ。俊足アタッカー、加藤大樹が駆け抜ける!

2017年11月18日(土)


チーム随一の俊足は、最終戦のピッチでもストロングを存分に発揮してくれるだろう。足で得点を呼び込み、勝利でタイムアップの瞬間を迎えられれば、山口は残留を決められる可能性が高い。スピードをストロングとする加藤大樹(写真)は「今季最後の試合でゴールを決められればと思う。点を決めにいきたい」とフィニッシュを見据えた。

今年は多くの困難が加藤を襲った。チームそのものも下位低迷や監督交代による戦術変更など未経験の嵐の中を歩んできたが、加藤はそれに留まらず、第17節横浜FC戦では下顎骨を骨折する重傷を負ってしまう。負傷箇所を固定したため、一時は流動食しか口にできなかった。ただチームメイトが励ましたり、加藤自身も体力を落とさないようリハビリに取り組み、わずか7試合の欠場だけでゲームに復帰。加藤は「けっこう早い段階で戻れたのはプラスだった」と振り返った。

復帰しても難局は続いた。リハビリの間に新監督体制となり、サッカーも変容。試合にスタメンで出ていればゲームをどう作るかは染みこんでくるが、加藤は先発と途中出場が定まらなかった。そればかりか、FWで出たり、ウイングバックで出たりと、ポジションも不定。「コンディションは戻ってきたが、途中交代が多いので、(試合勘は)自分で戻していくしかない。やるべきことは出る時間帯でも変わってくる。前から追う守備だったり、負けている状況のときでは攻撃の部分も多く求められる」。めまぐるしく役割が変わる中、加藤は頭を働かせて、自分の動き方をたたき込むしかなかった。

もっとも加藤のスピードはカルロス マジョール監督も認めるところ。俊足を生かして相手のウィークを着実に突けるがゆえ、起用は相手に応じてサイドやトップなどで分かれてしまう。適応していくのは難しいが、加藤は役割を果たすと同時に最終節は「ゴールを決める」ことにも力を注ぐ。「自分はサイドで出ることもあれば、前で出たり、ウイングバックで出たりといろいろあるが、そのポジションに応じてプレーしたい。サイドで出たときはどれだけ中に供給できるか。前に出たらどれだけ相手の背後でボールを受けられるか。その流れで点も決められればと思う」。もちろん今節で揺らすネットは、残留への一撃となる。

さらには勝利のカギとして、こう続けた。「全員がハードワークすることが大事。前の試合も全員がハードワークできたから勝てたというところがある。勝つにはハードワークしていくことだ」。今節もどのようなポジションで、どのような時間帯にゲームに出るかは分からない。ただ、やるべきことは変わらない。ハードワークし、自信の走力をフルに活かして走る。そして残留を引き寄せるゴールを決めてみせる。

山口のサッカーは走れる選手の汗に支えられている。体現者の一人、加藤大樹の走りと苦心の汗が、来季もJ2で戦える権利を引き寄せる。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第42節
11月19日(日)16:00KO 維新公園
レノファ山口FC vs 愛媛FC

スタジアムナビ

スタジアムナビ