【金沢 vs 京都】 ウォーミングアップコラム:作田裕次が、”対京都”、”対闘莉王”のカギを握る

2017年10月21日(土)



今季の京都といえば、元日本代表の田中マルクス闘莉王を連想する人も少なくないだろう。その高さ、強さは健在であり、このJ2で猛威を振るう。今節・京都戦は“対闘莉王”が大きなウェイトを占めるのは間違いない。

「闘莉王だよね。だってみんな闘莉王にボールを出す。クロスも。あのヘディングはなかなか勝てないんじゃないかな。落下点の予測がすごく良いから、闘莉王自身の最高点でヘディングできる。そしたら、勝つのはまあ難しい。だから、そのセカンドボールだよね」(柳下正明監督)。

闘莉王に競り勝つことは容易ではないが、当然誰かが競り合いにいくはず。闘莉王はFW起用が予想されるため、金沢のDFとのマッチアップが頻繁に起こるだろう。特に、センターバック・作田裕次(写真)とのエアバトルはこの試合最大の見どころだ。金沢の背番号3のストロングポイントも高さと強さにある。

作田に「”対闘莉王”が試合のポイントになる?」と聞いた。すると、「やっぱり誰が見てもそこになりますよね。まず身長があるし、背負える。本当は起点にはさせたくないけど、入ってしまうこともある。そこのセカンドボールや次の対応を考えないといけない。そこはある程度やられると予想して、サイドからのクロスにしっかり付く、セカンドボールを拾う」との答え。

そして、注目のマッチアップについて「ひとつのポイントだと思うけど、個々を考えるとやっぱり勝てない部分もある。僕だったら、うまくボランチと連携しながらやっても良いと思う。競り合いの中で挟みながらとか。僕は飛び込まないでしっかり正対して挟み込む。シーズンの中でそういう連携をやっている場合もあるので、やられてばかりになるなら、そういうことも考えないといけない。いろいろ見どころはあります」と話す。

「ヘディングで何とか五分五分、5回負けるけど5回勝てそうなのはサク(作田)くらい」(柳下監督)。一時はスタメンを外れた作田だが、最近は再定着を果たしており、安定感も増している。迫り来るロングボールやクロスを迎撃する姿を期待したい。

文:野中拓也(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第38節
10月22日(日)14:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs 京都サンガF.C.