【横浜FM vs 大宮】 ウォーミングアップコラム:前田直輝、いざ勝負の時!今後の竹内涼真との“共演”にも期待

2017年10月13日(金)


今をときめく俳優・竹内涼真さんが、10月10日に行われたキリンチャレンジカップ2017日本VSハイチのテレビ中継にゲストとして出演し、ネットニュースで話題に。そこで初めて、彼が東京Ⅴユース出身なのだと知った。すぐに検索してみると、2011年の登録選手表のDFの欄に「竹内崚(本名)」の名前を発見。そして、何気なくFWの欄に目を移すと「前田直輝(写真)」の名があった。

前田本人に念のため事実確認してみると、「はい、2年間一緒にやっていました。もし会えれば普通に挨拶できますよ。1つ年上だから、ベタベタするほど仲が良かったわけではないですけど」とのこと。続けて、「向こうはああやって活躍しているので、僕もそのぐらいまでいけたらちょっと一緒に何か(イベントや企画を)やってみたいというのはありますけどね」と、野望(?)を語った。

もちろん、前田が活躍しなければいけない場は、ピッチ上だ。前節のG大阪戦では、右ヒザの大ケガにより長期離脱を余儀なくされた齋藤学に代わり、8試合ぶりに先発出場。1-1で迎えた68分にはマルティノスの左クロスのお膳立で決定機が訪れ、ゴール正面で合わせるもGKに阻まれた。試合後には「あそこで決めきれないのが俺の力量。でも、あそこで顔を出せるようになっているのはプラスに捉えたい。けれども、このチームを勝たせたいとか、いろんな感情があるのであれば、あそこは決めなければいけない」と、自らに言い聞かすように話した。

今節、大宮戦も先発が濃厚。リーグ戦終盤に巡ってきた出場機会を生かすも殺すのも自分次第、まさに勝負の時だ。ブレイクスルーを果たし、いずれ何らかの形で、“先輩”竹内涼真さんとのツーショットを実現させるためにも。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)


明治安田生命J1リーグ 第29節
10月14日(土)14:00KO 日産ス
横浜F・マリノス vs 大宮アルディージャ