【金沢 vs 愛媛】 ウォーミングアップコラム:J2残留へ、中美慶哉が求める厳しさ

2017年10月6日(金)


前節・湘南戦、金沢は2-4の敗戦を喫した。首位・湘南との力の差を強く感じるゲーム内容だった。だが、ただ一人、湘南と対等に渡り合う男がいた。中美慶哉(写真)だ。ときに、相手を上回ってくれるのでないかという期待感さえ抱かせた。

「自分は声を出して周りを鼓舞するタイプではないけど、自分が試合中に”やれる”、”戦える”という姿を見せれば、それを見て周りの若い選手もやってくれると信じている。オレは試合中もハーフタイムも『ちゃんとやれよ!』みたいなことも言ってしまう。そういう気持ちが足りない選手は、この時期に責任感のないプレー(をする)、ミスをしても良いけどそのミス1本でシュンとなったり、精神的に落ちている選手はいまのチーム状況が(分かっていない)。これでJ3に落ちたら、すべてが終わってしまう。湘南は一緒に試合をやっていても、1本のミスで厳しく言い合っている。それは仲が悪いとかではなくて、サッカー、試合に対しての厳しさ。1位のチームと残留を争うチームでは、雰囲気やお互いの厳しさが全然違うと思った。そこは金沢の一番甘いところ。お互い厳しいものを求め合えるチームになれば、もっと良くなる」。

球際の攻防、フリーランニング、力強く持ち出すドリブル。一つひとつのプレーに中美の覚悟がにじむ。眼光鋭く、ゴールへ迫る。

文:野中拓也(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第36節
10月7日(土)19:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs 愛媛FC