【讃岐 vs 福岡】 ウォーミングアップコラム:守ってよし、攻めてよし。讃岐の救世主となったアレックスの活躍に期待。

2017年9月1日(金)


讃岐の勢いが止まらない。4連勝で迎えた前節の金沢戦、立ち上がり早々にフリーキックのチャンスを作ると、原一樹がゴール右隅に見事なシュートを決め先制。さらに42分にはコーナーキックから永田亮太が頭で合わせ、そのこぼれ球を武田有祐が押し込み追加点を挙げ、前半から讃岐が優位に試合を進める。

後半に入るとドリブル突破から金沢が1点を返し、その後もカウンターなどからゴール前に攻め入る場面が多くなるも、清水健太のファインセーブや粘りのある守りでしのぎ2-1で金沢に勝利。これでチームの連勝は5に伸び、そして8月は負け無しで乗り切るなど最高のカタチで真夏の戦いを終えた。

中でも7月に加入したアレックス(写真)の活躍は目覚ましいものがあり、間違いなく連勝の原動力となった選手の一人だろう。昨シーズンまで徳島に所属し、日本では2002年から15年以上に渡りJ1・J2のさまざまなクラブでプレー。年齢は今年34歳と選手としてはベテランの域に入っているが、守備では相手への素早いプレスが光り、攻撃ではサイドを一気に駆け上がるスピードなど衰えを見せておらず、守ってよし、攻めてよしと、素晴らしい活躍を見せている。

アレックス自身も「勝つことでチームの雰囲気もよくなったし、もっと讃岐のために全力を尽くしたい」と更なる飛躍と今後の活躍を誓ってくれた。

現在チームは勝点29で19位と降格圏を脱出。まだ安心できる位置では無いが、この夏の救世主となったアレックスがもっとチームに勢いと勝点をもたらしてくれることに期待したい。

文:小谷秀斗<オフィスひやあつ>(讃岐担当)


明治安田生命J2リーグ 第31節
9月2日(土)18:00KO ピカスタ
カマタマーレ讃岐 vs アビスパ福岡