【讃岐 vs 水戸】 ウォーミングアップコラム:プロとしての心構えと巧みなプレー。渡邉大剛がチームの窮地を救う!

2017年8月4日(金)


前節の大分戦、前半はほぼ互角の内容で折り返したが、後半は相手が攻勢に出る場面が多くなり讃岐はその対応に苦戦。選手交代でそれを打破しようとするが、逆にその穴を突かれてしまい失点。その後の反撃も及ばず0-1で敗れ、勝点を得ることはできなかった。

リーグ戦も折り返しを過ぎ、讃岐にとって厳しい状況が続いているが、今節の水戸、そして次節は順位の近い群馬との対戦と、ここで確実に勝点を積み重ねてリーグ終盤へ入れるかが直近のポイントとなるだろう。

その中で注目したいのは今シーズンここまで全試合に出場し、今節も出場が予想される渡邉大剛(写真)。まだ得点こそ無いものの、中盤でのチャンスメーカーとしてチーム最多の4アシストを記録。巧みなボール捌きや右サイドから放たれる正確なクロスなど、決して目立つポジションでは無いが、常に得点を狙う姿勢とチームプレーに徹する姿が印象的だ。

またファンに対してもとても丁寧に接し、厳しい練習を終えて引き上げる際にも駆け寄るサポーター1人1人にサインや記念撮影に笑顔で応じるなど、当然かもしれないがプロサッカー選手としての心構えや優しさもファンを引き付ける魅力と言えるだろう。

試合に向けては「チームとして厳しい状況ですが応援してくれるサポーターがいる限りそれに応えたい。しっかり準備して臨みます」と語った渡邉。自身の活躍はもちろん、讃岐サポーターと共に勝利を分かち合う姿を期待したい。


文:小谷秀斗<オフィスひやあつ>(讃岐担当)


明治安田生命J2リーグ 第26節
8月5日(土)19:00KO ピカスタ
カマタマーレ讃岐 vs 水戸ホーリーホック