【相模原 vs 鹿児島】 ウォーミングアップコラム:「満足は全くしていない」。高き目標を掲げる米原にとっては1試合1試合が勝負

2017年7月15日(土)



ここまで15試合を消化したチームで10試合に出場し、現在9試合連続スタメンフル出場中とすっかりCBのレギュラーに定着した米原祐(写真)。数字だけを見れば、プロ1年目にしては決して悪くない道を歩んでいると思うが、本人は満足していないと話す。

「満足は全くしていないです。自分のやりたい場所はJ1やJ2の舞台ですし、そういうところを考えると、まだまだ何もしていない。なおさらJ3でも出来ていることがないので、何も満足していないです」

今節・鹿児島戦に向けての練習中、ゲーム形式のトレーニングで川口能活から何度も同じ言葉が飛んだ。「ヨネ、もっと寄せろ」。炎天下の中でのプレーでどうしても集中が切れる若きCBに対して、守護神からの“愛のこもった檄”であった。

真後ろから米原のプレーを見ることの多い川口は「ヨネはいまも色々と吸収しようとしているから、吸収することが多くて、僕が同じことを何回も言っているだけ。あいつの能力は高いし、将来はもっと上のカテゴリーでやってほしい。試合での落ち着きとかパフォーマンスを見れば1試合1試合良くなっているので、そこは彼の素晴らしさ」と米原のことを高く評価。米原自身も「自分に足りないところを見てもらっていて、自分でもそこは変えないといけないと思っているし、自分では気が付かないことを注意してくれていると思うので、自分が成長するため、上に行くためには必要なこと」と元日本代表の言葉に熱心に耳を傾ける。

まだ見ぬ世界でのプレーに憧れを抱く米原だが、今節に向けて目指すのは勝利ただ1つ。「練習中に求められるレベルは上でも通用するレベルかもしれないけど、まずは試合に勝ったり、自分がこのチームにできることをやることが最優先だと思う。鹿児島戦ではチームに貢献できるように守備はもちろん、攻撃の部分ではCKなどで貢献しないといけないので、そういうところにフォーカスを当てながらやっていきたい」と意気込んだ。

文:須賀大輔(相模原担当)


明治安田生命J3リーグ 第17節
7月16日(日)15:00KO ギオンス
SC相模原 vs 鹿児島ユナイテッドFC

スタジアムナビ

スタジアムナビ