【YS横浜 vs 藤枝】 ウォーミングアップコラム:キレのある動きを取り戻した大泉和也。勝利のゴールで浮上するキッカケを掴む

2017年7月15日(土)



持ち前の武器を生かしてゴールに迫る。ハードワークして体を張った守備。そしてドリブルから迷わず右足を振り抜き、素晴らしい今季初得点。前節・秋田戦は輝きを放つ背番号9・大泉和也(写真)の姿があった。

現在は好調だが調子の上がらない時期は苦しいものだった。システムが時折変わることによってボランチやサイドバックなど、去年の主戦場としていたオフェンシブハーフとは求められる役割のギャップに戸惑いを感じ、本来のパフォーマンスを発揮できずにいた。「やり方が違う中で自分の良さをどう出していくかを模索していて波に乗り切れていなかった」。その中でケガもあり、思い通りにいかない歯がゆさもあったはずだ。

それでも地道にトレーニングを続けて「少しずつ明確になってきた。去年と同じことをやるわけではないけど自分の良さをフォーメーションによって出せるようになってきた」と確かな手応えを掴んできた。ハードワークや裏への抜け出し、そして仕掛けのドリブル。どんな局面でも大泉のプレーは攻守において必要不可欠な存在。ようやく歩みを塞いでいた迷いを振り払い、キレのある動きを取り戻したことはYSCCにとっても嬉しい材料だ。

そして今節迎える藤枝戦も勝利するためには彼の活躍に期待が懸かる。「自分の良さ、求められている部分をどれだけ出せるかが大事。この1試合で中断期間に入るので、ここで勝って後半戦に浮上するキッカケを作りたい。『自分たちはこういうサッカーをしたい』ということを示したい」と強く意気込む。さらにこうも続けた。「自分一人ではできない。みんなが助け合ってサッカーをやらないといけない」。

個人で戦ってしまえば間違いなく負ける。それは悔しい経験を何度もしてきた大泉はよく知っている。YSCCは全員で戦わなければ勝利は見えてこないはずだ。大泉はここからの巻き返しを図るためにチームの思いを背負い、勝利のゴールを奪いにいく。

文:髙澤真輝(YS横浜担当)


明治安田生命J3リーグ 第17節
7月16日(日)17:00KO ニッパツ
Y.S.C.C.横浜 vs 藤枝MYFC