【岐阜 vs 長崎】 ウォーミングアップコラム:3度目の正直をものにして 山田晃平

2017年5月20日(土)


山田晃平(写真)は今季、J3長野から岐阜にやってきたアタッカーだ。過去にはJ2の群馬や長崎、MLS(メジャーリーグサッカー)のコロラド・ラピッズなどでのプレー経験を持つ。特徴は、サイドからのドリブルや裏への抜け出しを得意とし、3バックの陣形となればWBなどもこなすポリバレントなプレーヤーである。

大木監督も「献身性とかも含めて、チームでやらなければいけないことを解ってる」と信頼を置く。小柄で優しそうな雰囲気をしているが、練習でも試合でもコンタクトを恐れないアタックや素早く切り替えて守備をする姿は、負けん気の強さをものがたる。スタメン、途中出場関係なく、すんなりと試合に入れる能力も含めて、山田は岐阜の大きな戦力だ。

印象的だったのは9節の讃岐戦、途中出場から貴重な3点目を決めチームの勝利を決定づけた試合。今季開幕から山田は、チャンスは作るものの最後の部分で精度を欠いてしまう場面が続いていた。讃岐戦で得点した後の表情は、見たこともないくらい嬉しそうな表情をしており、ベンチの方を指差し一目散に走っていく山田の姿は胸を熱くさせるものがあった。そしてこの試合の後に大木監督も「アイツは3度目の正直ですから。今日は良かった」と山田に称賛の言葉を送ったのを覚えている。

ここ3試合勝ちがなく、なんとか勝点3を掴みたい岐阜。そんな中で迎える今節は12~14年に長崎に在籍した山田にとって古巣対決の試合だ。「球際に強いし相当走る。闘争心が強いチームでもある。こっちも球際だったり走るところ、根本的な部分で負けないようにしないと」と長崎の印象を語った後で、「どの試合にも負けたくないですけど、やっぱり古巣には負けたくない。絶対に勝点3を取りたいです」と山田は力強く古巣対決への意気込みを続けた。連戦のラストマッチとなる長良川での今節は先発が濃厚。苦しい状況を止めて、勝利に導く活躍を期待したい。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第15節
5月21日(日)19:00KO 長良川
FC岐阜 vs V・ファーレン長崎