【新潟 vs 札幌】 ウォーミングアップコラム:進化を遂げつつある堀米悠斗。故郷との初対戦に闘志が燃え上がる。

2017年5月19日(金)


明日、先発すれば、リーグ戦では初めてのことになる。対するのは小学生から高校生までアカデミーで大切に育てられ、昨シーズンまでプレーした北海道コンサドーレ札幌である。

前節まで左サイドバックを務めていた原輝綺が、U-20日本代表としてチームを一時離れ、呂比須ワグナー新監督の初采配であり、今シーズン、新潟に移籍加入してからずっと一つの目安としてきた札幌戦でめぐってきたチャンス。「意識しないように努めているけれど、ピッチに立てば、やっぱり特別な感情が沸いてくると思います」。

札幌がJ1に昇格するタイミングで移籍した自分に対して、複雑な反応を予想し、覚悟もしている。何より今シーズン、リーグ戦に初めて出たのが前節・浦和戦とあって、“何をやっているんだ?”と思われてもいるだろう。出番が与えられれば、成長を示さなければならない。

「札幌では、ある意味自分を消して、周りの選手がやりやすいようにシンプルにプレーして、クロスを上げてもらうことが多かった。新潟に来て求められるのは、自分がクロスを上げること。大きなチャンスを作るために1対1で勝負して、より中心でやらせてもらっている。徐々にボールも集まるようになってきたし、自分のところでリズムを作れるところが変わったと、札幌の人たちに思ってもらえれば」

新潟に来てから始めたことがある。練習用のスパイクを、毎日、丁寧に磨くことだ。それがプレーに良い影響を与えると心を込める。「でも、玉くんはすごいんですよ。試合用に準備してもらったスパイクを履くと、スッと足が入る。その感覚が全然、違う」。玉くんとは、チームの用具を準備する玉川皓太エキップメントマネージャーのことだ。故郷の人々に成長した姿を見せたい思いはもちろんある。が、「一番は新潟の一員として新潟のサポーターのみなさんと一緒に喜べるように、大きな声援を受けながら、自信を持ってプレーする」。呂比須監督のもとリスタートしたチームを、堂々とリードする。

文:大中祐二(新潟担当)


明治安田生命J1リーグ 第12節
5月20日(土)14:00KO デンカS
アルビレックス新潟 vs 北海道コンサドーレ札幌