【群馬 vs 町田】 ウォーミングアップコラム:大型ルーキーMF高井和馬、ホームデビューへ!

2017年3月18日(土)



規格外ルーキーのホームデビューだ。

関東大学リーグ得点王の肩書きを引っさげて、日体大から群馬へ加入したMF高井和馬。迫力のドリブル、冷静沈着なシュート・・・新人離れした風格を漂わせる高井が、ついに正田スタでプレーする。

群馬は、スタジアム工事の都合で開幕3試合がアウェイ戦となった。2015年の江坂任(群馬→大宮)、2016年の瀬川祐輔(群馬→大宮)が背負った「26」を継承した高井は、開幕・長崎戦で先発出場しJデビュー。

2節・湘南戦では3トップの頂点に立ち、湘南相手に一歩も引かないプレーを披露。54分には、こぼれ球をゴール前で拾うと、迫り来るDFを鮮やかなフェイクでかわして、左足でゴール“天井”へ突き刺した。

高井は「前半のチャンスではテンションが上がってしまって外してしまった。ゴールシーンはテンションをコントロールしてうまく決めることができた。相手(DF)が滑ってくるのもしっかりと見えていた」と振り返った。

森下仁志監督は「ゴール前であれだけ冷静にプレーできる選手はそんなにいない。J2得点王を狙える選手だと思っている」と評した。

3節・横浜FC戦では、2戦連続ゴールが期待されたが、コンデションを崩してまさかの欠場。本人は「自己管理の部分が大切だということが身にしみてわかった。ただ、ゲームを外からみて課題もみえたし、それはプラスに考えている」と話す。

今節は、コンディションも戻り、戦列に復帰することが濃厚だ。正田スタのピッチでどんなパフォーマンスをみせるか注目だ。「これまでは先に失点してしまっているので、自分のゴールで先手を取って、チームを勢いづけたい。応援してくれるサポーターと勝利の喜びを分かち合いたい」と決戦へ向かう。

高井の正田スタデビュー。それは“伝説”の始まりとなる。

文:伊藤寿学(群馬担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月19日(日)14:00KO 正田スタ
ザスパクサツ群馬 vs FC町田ゼルビア

スタジアムナビ

スタジアムナビ