【松本 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:最高の思い出を、『MYゴールSEAT』で。

2017年3月18日(土)



アウェイゲームの続いていた松本にとって、今週末は待ちに待ったホーム開幕戦。ようやくアルウィンにも歓声と拍手が響く日が訪れる。このほどアルウィンは大型映像装置の改修やトイレ増設などで観戦環境が向上し、『エキサイティングピッチシート』が新設された。選手たちの表情や息遣いまで感じられるほど迫力ある観戦が、ピッチレベルで楽しめるようになっている。

その『エキサイティングピッチシート』の中に、宮阪政樹(写真)と山本大貴によって『MYゴールSEAT』が用意されている。家族そろってアルウィンでの試合観戦を楽しんでもらおうと、両選手の要望もあって昨季から設置。多くのファン、サポーターからの応募が絶えない好評ぶりだという。
「僕も小さい時に観たFC東京の試合の感動が、今でも印象に残っています。自分にも子供がいますし、サッカー観戦が家族行事の一つになって、思い出として残ってくれるならば嬉しいですね」
そう話すのは、設置者のひとりである宮阪。休日に家族で駆けつけるスタジアムの雰囲気やピッチ上での喜怒哀楽は、子供たちにとって最高の思い出として心に刻まれることだろう。かつての自分が、そうであったように――。言うなれば感動の順送りだ。

もちろん『MYゴールSEAT』に座る皆さんの、ひときわ熱い声援に応える活躍を見せられれば申し分ない。今節はパウリーニョが契約上の関係で出場不可ということもあり、宮阪への期待は高まる。ピッチに立てば中盤の底で攻守に貢献することはもちろん、プレースキッカーとして右足から数多の決定機を生み出すはず。背番号15の健闘に、注目せずにはいられない。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月19日(日)14:00KO 松本
松本山雅FC vs ジェフユナイテッド千葉

スタジアムナビ

スタジアムナビ