【岐阜 vs 横浜FC】 ウォーミングアップコラム:新CBとしての働きと役目 青木翼

2017年3月18日(土)



開幕からまだ白星のないFC岐阜。新スタイルに挑みながら前節松本戦で今季初黒星。勝ち切れず、接戦をものに出来ない試合内容に人一倍責任を感じている男がここにいる。

青木翼(写真)は今季よりボランチからCBにコンバートされた選手だ。攻撃的なサッカーを展開する岐阜において、果敢に勝負する前線の選手達を後ろからサポートし、カウンターを受けた際は相手FWと壮絶なしのぎを削る。細かいパス交換やボール保持率が注目される岐阜だが、高く設定した最終ラインをコントロールしながらカウンターに備え相手FWをチェックし続けるのはそう容易くはないし、CBでコンビを組むDFへニキと同様に青木を信頼しているからこそ前線の選手達はアタックを試みることが出来ているのだ。SBがWGを追い越す場面が幾度となく訪れる岐阜の戦術だからこそ、まさに肝いりのポジションである。

さらに青木には別の期待も寄せられている。それは左足から繰り出される縦パスだ。「翼(青木)から亨梧(古橋)に出たボールはいい形だった」と大木武監督は松本戦を振り返ったが、開幕節の山口戦でもFW風間に縦パスを通しチャンスとなった場面があった。ここにおそらくCBにコンバートされた理由を紐解くことが出来るだろうし、「この先庄司選手が密着されることは想定できる。そういった状況の中で僕から縦に通せればいい形になると思うし、意識したい」と語ってくれたように、青木からのフィードが確立すれば、前線のアタッカー達の裏への動き出しを効果的に活かせると共に、ベンチに控える選手も含め幅のある攻撃が可能となるはずだ。

取材時「失点に絡んでいる」と悔しさを滲ませたのが印象的であったが、今節は得点王候補のFWイバ、そして前節決勝ゴールのFW三浦知良と強力FW陣を要する横浜FC戦。相手にとって不足なし。自身の力を示して、今季初白星をチームにもたらせて欲しい。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月19日(日)14:00KO 長良川
FC岐阜 vs 横浜FC