チャンピオンシップ決勝直前!浦和 選手コメント

2016年11月28日(月)

■DF 槙野智章選手
「(準決勝は)全体的に川崎Fが年間2位を取っているだけあって、いいサッカーをしているけど、ワンチャンスを鹿島が決めてしっかり勝ち切るという試合だった。非常に難しい相手かなと思っている。今シーズン1勝1敗だし、若さあるチームの中にベテランがいるということで安定感をもたらしている。セカンドステージ最後の方はいい結果を出していなかったけど、この空いた時間でかなり修正をしてきているなという印象がある。
今シーズン、J1の中で最少失点はもちろん目標にしてきたけど、今までの浦和を考えれば、間違いなく今年1年間で一番時間を割いて守備の課題に取り組んできたので。自分たちの良い守備をこの2試合にぶつけないといけない。とにかく先制点を与えないことと、つまらないミスをしないこと、それに尽きると思う。
セカンドステージ最後の方に自分たちがやっていたこともそうだけど、新たに切り替え、ハードワークを、もうランク上げていかないといけない」

■DF 森脇良太選手
「長い期間トレーニングを積んでいるので体に染み付いているけど、コンビネーションは日頃から合わせていかないといけない。練習しなければ、試合で出すの難しい。
(準決勝は)チャンピオンシップらしいというか、両チームとも少し固かったけど、どちらかといえば川崎Fがボールを保持して、鹿島がブロックを作って数少ないチャンスをものにするという感じだった。伝統という言葉は好きではないけど、それが鹿島のスタイルなのかなと思った。後ろで守ってワンチャンスで決める、そしてクローズしていくというのが特徴なので、それにはまっていかないようにやっていかないといけない。良いサッカーをして決定機を作っても、決めるか決めないかで集約される」

■DF 遠藤航選手
「鹿島はカウンターと、ゲームをしっかり読んでどういう戦いをすればいいか、わかっているチーム。リスクマネジメントして、相手がどうきているのか、状況も見極めながらプレー選択していかないといけない。
ボールを動かさせるところと、奪いにいくところをはっきりすれば、そこまで崩されないと思う。
(川崎F戦で永木亮太選手は)ボールを奪うのは一番目立っていたし、亮太くんの良さがデていて、相手も嫌がっていたと思う。個人的には亮太くんとやれるのは楽しみ、しかも決勝の舞台でやれるのはすごくうれしい。ただ、浦和的には年間1位を取ったので、絶対に負けてはいけない。しっかり勝たないといけない。
勝てば優勝なので、モチベーションは上がると思うけど、今はまだ普通です。ピッチに立てばサポーターも多いし、勝手にモチベーションも上がると思う」

■合わせてウォーミングアップコラムもどうぞ。
浦和⇒冷静と情熱のあいだ。レッズ、いざ悲願のタイトル奪取へ

明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ 決勝 第1戦
11月29日(火)19:25KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報