【札幌 vs 町田】 ウォーミングアップコラム:月曜から蹴球

2016年9月25日(日)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------


先月末の熊本戦(延期されていた12節○1-0)時のこのコーナーで、相手チームに元札幌選手やコーチなどが何人もいることを記したが、その後のホームゲームでも群馬戦では坪内秀介選手(2008年に在籍)が相手にいたし、アウェイゲームだった前節は高木琢也監督(2000年に在籍)が率いる長崎と戦った。

クラブ創設から20年が経過すれば、元札幌の指導者や選手というのはもはや数えきれないほどの数になっているだろうし、ともすればどのチームと対戦したとしても、かなりの確率で元札幌の監督、コーチ、選手、スタッフが在籍しているような状況なのかもしれない。とはいえ、だからといって何も感じなくなることはないと思う。きっと10年後も20年後も、同じように懐かしむのだろうと個人的には思う。ちなみに前述の群馬戦では試合前のメンバー発表時に坪内選手の名前がアナウンスされた際に、スタンドから拍手が聞こえてきた。当然、本人の耳にも届いており、「ビックリしたし、感激した。自分は1シーズンしか札幌でプレーしていないのに」と試合後に本人が口にしていたことを記しておきたい。

そして今節、札幌と対戦する町田には高原寿康選手(2005~2012年に在籍)、松本怜大選手(2013~2014年に在籍)、李漢宰選手(2010年に在籍)がプレーしており、村主博正ヘッドコーチ(1998~2000年に在籍)が指導をしている。

試合を観戦する際に、その内容や勝敗に興味が向くのはごく当たり前のことだろうが、プラスアルファで興味を向けられる要素が多ければ多いほど、その観戦は楽しくなると思う。シーズン終盤戦はどうしても勝敗の部分に重きをおいてしまいがちで、それはもう極めて当然のことなのだが、そうしたなかでも心から応援したくなる選手が多ければ多いほど、より充実した観戦になるのではないだろうか。

月曜日というのは一般的には休日明けで、気が重い人も多いのかもしれないが、そんな月曜夜にこうした試合が組まれていると、何となく足取りは軽くなるかもしれない。

文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J2リーグ 第33節
9月26日(月)19:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs FC町田ゼルビア
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.9)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報