【札幌 vs 群馬】 ウォーミングアップコラム:次なる楽しみは

2016年9月10日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

天皇杯1回戦、2回戦を挟み、リーグ戦が再開する。札幌も群馬も残念ながら2回戦で敗退してしまったが、逆に言えばリーグ戦に全力で集中できるわけでもあり、この再開初戦は天皇杯の悔しさも晴らしたいだろうから、非常に集中力の高い試合になりそうな気配でもある。

で、その天皇杯だが、敗退してしまったもののどちらのファン、サポーターにとってはとても楽しめた場だったのではないかと思う。とりわけ札幌のほうは1回戦の2日前にリーグ戦の順延分が組み込まれたこともあってスタメンがそこから全員入れ替わったし、2回戦でも、リーグ戦では控えに回ることの多かったアカデミー出身の若手選手が要所に先発起用され、そうした選手たちが公式戦で奮闘する姿を見られるのも、天皇杯の醍醐味のひとつと言っていいだろう。

そうなると、次に期待してしまうのが、そうした選手たちが天皇杯をきっかけにリーグ戦でもチャンスを掴み、躍動することだ。実際に2回戦後の会見では四方田修平監督(写真)もそうした選手達について「パフォーマンスについてはよくやってくれましたし、今後につながるものだと思っている」と話していた。何とも楽しみである。

もちろん、札幌だけでなく群馬のほうにもそうやって天皇杯を契機に新たな評価を得た選手がいることだろう。「プロの世界に年齢は関係ない」とはよく聞くフレーズだし、実際にそう思うのだけれど、それでもやはり頑張って得たチャンスをなんとかモノにしようと力を振り絞る若者の姿を見ると、ものすごく応援したくなるものだ。いや、もっと言ってしまえば年齢などやはり関係なく、どの世代の選手であっても、自分の人生を切り拓いていこうという奮闘ぶりには大きな拍手を送らずにはいられない。

9月に入り、いよいよリーグ戦はクライマックスへと突入していく。ひとつの勝点をめぐる攻防に大きな注目が集まるのはごく当然のことではあるが、そうしたなかだからこそ、あらためて選手個々の、自らの人生をかけたプレーぶりというものにもまた、熱い視線を注いでいきたい。

文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J2リーグ 第31節
9月11日(日)12:00KO 札幌厚別
北海道コンサドーレ札幌 vs ザスパクサツ群馬
札幌厚別公園競技場(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.8)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.3)
グルメ (3.1)
アウェイお楽しみ (2.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報