【FC東京 vs 横浜FM】 ウォーミングアップコラム:リオ五輪組の室屋と中島が復帰 前節大敗を喫し、問われる首都クラブの意地

2016年8月19日(金)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

FC東京は20日、ホーム味スタで横浜FMと対戦する。前節はアウェイ神戸戦で1-4と大敗し、篠田体制初の黒星を喫した。主力にけが人が続出する中、リオオリンピック代表のDF室屋成(写真右)と、MF中島翔哉(写真左)が復帰。戦力を充実させて連敗阻止を狙う。

地球の裏側から戻ってきた室屋は、「代表活動が終わり、ここで活躍することが全て。手倉森監督もA代表を目指してやってほしいと言っていたし、サッカー選手である以上、誰もがA代表を目指している。そのためにもJリーグで結果を出していきたい」と語り、中島も「うまくなるためにも、しっかりとやりたい。泥くさくてもいいからゴールに向かう姿勢を見せたい」と、ブラジルで得た経験をJリーグで生かそうとしている。

そして、2人の復帰初戦となる横浜FM戦で焦点となるのは、今季ワーストタイとなる4失点した守備の建て直しだ。篠田監督は対横浜FMとして3つのポイントを挙げた。

「マリノスは手堅くて手強い。相手のカウンターが怖いので、まずシュートで終わること。背後を狙いながら、そこまでのビルドアップも大切。守備では変な失い方をしない。そして、前節神戸戦でバラバラとなったところを修正できるようにしたい」

この一戦で前節出場停止だったMF高橋秀人が戻り、中盤の引き締めを図る。その背番号「4」は、「失点しないように逆算してどう守りたいのかが重要になる。前線からプレスを掛けてボールの奪い所を高くする時と、低い位置からしっかりと守る時。そして、その中間となる守備もある。それを展開や状況に合わせて選択しなければいけない」と、言う。篠田善之監督就任以降、前線からのプレスを強め、高い位置でボールを奪う戦術を浸透させようとしてきた。だが、夏場の試合で90分間、そのサッカーをするのは不可能に近い。状況に応じて守備体系を変えなければいけない。その弁となる役割を高橋が担う。

また、この試合では約3万人の来場が予想される。夏休みの子どもたちにも、東京の魅力を伝えられる戦いを見せなければいけない。連敗阻止、そして上位進出。首都クラブの意地が問われる一戦だ。

文:馬場康平(FC東京担当)


明治安田生命J1リーグ 2nd 第9節
8月20日(土)19:00KO 味スタ
FC東京 vs 横浜F・マリノス
味の素スタジアム(FC東京)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.6)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.5)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報