【札幌 vs 松本】 ウォーミングアップコラム:引き分けの価値

2016年7月19日(火)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

【写真】17節・松本戦で2ゴールを決めた都倉賢

前々節のC大阪戦は相手が2位、前節の岡山戦は4位、そして今節の松本が勝点で並ぶ2位(順位はそれぞれ当時)。後半戦スタートの3試合、札幌は続けて上位を争うライバルとの対戦が続いている。今節の松本は5連勝で札幌ドームに乗り込んでくるのだから、なんとも手強さばかりを感じてしまう。

C大阪戦、岡山戦と札幌は続けて引き分けに終わり、松本と勝点で並ばれてしまったが、どちらも夏場のアウェイゲームだったことを考えると、上々の戦績と言っていい。もちろん、勝点3をゲットできれば最高なのは当たり前だが、ライバルに勝点3を与えなかった部分にもフォーカスすべきだろう。引き分けで得る勝点は1、敗れれば0。その差は僅か1に見えるが、後者の場合は相手チームに勝点3を与えてしまうため、これはもう大きな痛手である。そうしたことを踏まえても、ライバルチームとの直接対決における引き分けの価値というのは非常に高いものであることを再確認したいところだ。

そうして迎えるこの1位と2位との直接対決。双方の心理状態を勝手に推測しながら試合の推移を見守るのも楽しいだろう。札幌のほうは直近の2試合同様に、ライバルチームに勝点を与えなければベターではあるものの、その2試合と違ってこの日はホームゲームであるため、地元ファンの力を借りて勝利を得たい、そしてプレゼントしたいという思いもあるはず。松本のほうも5連勝と勢いに乗っているため、そのままの流れで白星を重ねたいというのは当然の本音だろうが、札幌は堅守をベースにしたカウンターを得意とするチーム。勢いそのままに勝点3を奪いに出ることは、逆に相手の良さを引き出すことになりかねない。

こうやって考えているなかであらためて感じるのは、試合観戦というのは試合中の90分間だけにとどまらないということ。こうして試合展開やチームの戦略などを、勝手にあれやこれやとシミュレーションをしながらキックオフの笛が鳴るのを待てるのだから、試合前から試合を楽しんでいるような気分になれる。

さあ、緊張感たっぷりの上位対決が演じられる水曜日の夜。仕事や授業、もしくは家事などをしっかりと終えて、ぜひともスタジアムへ。


文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J2リーグ 第24節
7月20日(水)19:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs 松本山雅FC
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.9)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報