【F東23 vs 藤枝】 ウォーミングアップコラム:リオ五輪出場を目指す2人がついに復帰 室屋は東京デビューへ

2016年6月11日(土)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

FC東京U-23は12日、味の素フィールド西が丘で藤枝と対戦する。この一戦に右膝内側側副靱帯(じんたい)損傷で戦列を離れていたMF中島翔哉と、開幕前に左足甲を骨折したDF室屋成が実戦復帰を果たす可能性が高まった。FC東京にとっても、今夏のリオデジャネイロ五輪に出場するU-23日本代表にとっても朗報だ。

すでに2人は、全体練習に合流。中島は10日の練習後、「順調に来ている。不安はない。できると思ったらやりたいし、チームと相談して決めたい」と語り、名前が呼ばれる瞬間を待ちわびている。

「攻撃面で違いを出したい。それが自分の特長なので」という中島が入れば、攻撃にアクセントを加えることができるはずだ。

室屋は、チーム練習の合流初日にまさかの負傷。五輪本大会出場も危ぶまれたが、「焦らずリハビリをやっていきたい」と自らに言い聞かせ、ここまで順調な回復ぶりを見せてきた。出場すればプロ入り後初の公式戦となる。それが、明治大時代からプレーしてきた西が丘でのJデビューとなれば感慨深いはずだ。

2月の加入記者会見でリオ五輪出場権を獲得したアジア最終予選の決勝で韓国を破って優勝した後、中島と「東京でも優勝しよう」と、誓い合ったことも明かしていた。

さらには、昨季まで太田宏介(オランダ1部フィテッセ)が背負った6番の入ったユニホーム姿の初お披露目となる。FC東京の6を背負うことに、「すごくプレッシャーはある。いまは宏介君のイメージが強いが、早くFC東京の6番は室屋という活躍をしたい」とも語っていた。

時間限定での出場となるだろうが、その第一歩が刻まれようとしている。

FC東京U-23は前節長野に勝利して順位を上げたものの、いまだホームでは未勝利。リーグ14位と、苦戦を強いられている。試合出場を渇望してきた復帰組の勢いを借り、このまま初の連勝を果たしたいところだ。

待望の2人の復帰戦は、あす14時、味の素フィールド西が丘でキックオフする。

文:馬場康平(F東23担当)


明治安田生命J3リーグ 第12節
6月12日(日)14:00KO 味フィ西
FC東京U-23 vs 藤枝MYFC

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報