【横浜FM vs 鳥栖】 ウォーミングアップコラム:“ギンギラ前田”が存在価値を示せるか。

2016年4月19日(火)

「ウォーミングアップコラム」は、試合に向けてのワクワク感を高める新企画。ホームクラブの担当ライターが、いろんな視点から、いろんなテイストでみなさんに情報をお届けします!
----------------------

先日、U-23日本代表候補の短期合宿が張られたが、横浜FMから富樫敬真と共に参加したのが、今季新加入の前田直輝だ。
富樫は今季すでにリーグ戦で2得点を記録し、絶賛売出し中。それに対し、前田は無得点。リーグ戦の出場時間は2試合58分に留まっている。

「(合宿に)呼ばれた選手の中には、チームで成功しているヤツもいれば、俺みたいにチームで結果を出せていないヤツもいる。いろんなヤツとしゃべって、勉強になったし、刺激になった。ああいうキャンプは、やっぱりいいものだと思いますね。ただ、その経験をチームに還元するとか言える立場じゃない。自分自身が、まず“どん底”から這い上がることを考えている」

どん底――。前田は昨季、松本でリーグ戦31試合に出場。7月にはU-22日本代表のメンバーにも初選出され、意気揚々とトリコロール軍団の門を叩いた。しかし有能なサイドアタッカーがひしめくチーム内で、もがき、壁にぶち当たっている。
「正直、ここまで上手くいかないことしかない。上手くいっていることが何もない。そんな中、自分がこのチームでの存在価値を示せる場が、ナビスコカップになる」

カップ戦では、これまで2試合とも先発出場。今節・鳥栖戦では、合宿での経験がカンフル剤になるかもしれない。
前田と言えば松本時代、近藤真彦のあの名曲の替え歌がチャントだった。「ギンギラギンのドリブルが~、前田直輝のやり方~♪」。横浜FMでもギンギラの輝きを見せてくれ!

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

ヤマザキナビスコカップ 第4節
4月20日(水)19:30KO ニッパツ
横浜F・マリノス vs サガン鳥栖
ニッパツ三ツ沢球技場(横浜F・マリノス)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.5)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.2)
アウェイお楽しみ (3.5)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報