【徳島 vs 熊本】 担当ライター“一問一答”

2015年11月13日(金)

「担当ライター“一問一答”」は、対戦する両クラブの記者が質問と答えをぶつけあう新企画です!

明治安田生命J2リーグ 第41節
11月14日(土)14:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs ロアッソ熊本

★徳島から熊本へ
Q
熊本がJ1昇格プレーオフ進出の可能性を最終節へ繋げるには、現在勝点57にある3チームが揃って白星を逃してくれることも必要ながら、とにもかくにも自分たちの勝利がまず大前提になりますね。勝つしか生き残れないという状況の中で迎える今節ですが、選手たちに過度の気負いや力みは感じられませんか?
(徳島担当:松下英樹)

A
取材を通して選手達の表情を見て、言葉を聞く限り、そうした過度の気負いや力みは全くと言っていいほど感じられません(2013年の徳島にはあったでしょうか?)。もっとも、前節の水戸戦では、そうした堅さのようなものが多少は見受けられたようにも感じています。ただ、「残り試合を全て勝たなくては可能性が低くなっていく」という状況は、前々節のC大阪戦、さらに遡ってその前の磐田戦から変わっていません。今節に限ってそうした気負いや力みが生じることが考えにくいというのも、そうした背景があるからです。

前節の引き分けによってプレーオフ進出がきわめて難しくなったのは確かです。しかし「勝たなくてはつながらない」という条件がいっそう明確になったからこそ、今節はむしろ何も気負うことなく、いい意味で開き直って臨めるのではないかと思います。

プレーオフ制度が始まって4年目ですが、J2入りして8シーズン目の熊本にとって、例え低かろうと、昇格プレーオフ進出の可能性を残してシーズンの最終盤を迎えるのは初めてのこと。残り2試合という段階になってなお数字上の可能性が残っていることは、捉えようによってはやはり進歩、成長の成果だと思いますし、見る側にとっては今までに経験したことがない種類の喜びです。他チームの動向を気にして、ハラハラしながら試合の展開を見守る、そんな興奮を最後まで、熊本に関わる皆で味わうつもりです!
(熊本担当:井芹貴志)


★熊本から徳島へ
Q
選手の入れ替わりがあったとはいえ、徳島のここまでの順位は個人的には予想外です。2013年のJ1昇格プレーオフを勝ち抜いて初めて経験した昨シーズンのJ1を通して、クラブとしてどんな財産・教訓を得て、それは今年のチームにどのように反映されてきたでしょうか?
(熊本担当:井芹貴志)

A
学んだことは選手それぞれに違ったと思いますが、チームとして得た教訓は「プレーの楽観的予測は絶対禁物」ということだと思います。
実際昨季の徳島は何度もそれをしてしまったことで多くの痛い目に遭いました。例えば、「そこからは打たないだろう」と間合いを開けた結果ミドルシュートを叩き込まれる、「こっちには出てこないだろう」とマークをルーズにしたことでそこを突かれ混乱させられる、「人数が揃っているから問題ないだろう」と互いが対応に厳しさを欠いたためにそこを割られて失点する」など。
言い換えると、どのような状況下でも最大限の集中や作業が必要ということになると思いますが、いずれにしても徳島はJ1の舞台で嫌というほどそれを思い知らされたと言えるでしょう。

ではそれが今季どのように反映されたかですが、…残念ながらあまり反映されなかったと言わざるを得ません。事実、前節でもそうでしたが、今季はハーフタイム前後や試合終了に近付いたところで失点する試合が多数。「もう笛が鳴るだろう」「これで大丈夫だろう」という意識が出てしまったことを物語るように、チームは何度もそうした時間帯にネットを揺らされ、それによって少なくない勝点を落としました。
その結果としてプレーオフ進出を逃したことを考えると、なぜもっとそれの浸透を図れなかったのかと今更ながら悔やまれてなりません。
(徳島担当:松下英樹)
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報