【新潟 vs 湘南】 担当ライター“一問一答”

2015年11月6日(金)

「担当ライター“一問一答”」は、対戦する両クラブの記者が質問と答えをぶつけあう新企画です!

明治安田生命J1リーグ 2nd 第16節
11月7日(土)14:00KO デンカS
アルビレックス新潟 vs 湘南ベルマーレ

★新潟から湘南へ
Q
サッカースタイルに共通点が多いと思います。新潟のスタイルをどう見ていますか?
(新潟担当:鈴木新)

A
オレンジドルトムント――あるとき新潟をこう形容したその心を、曺貴裁監督にあらためて訊いた。
「奪いに行く瞬間に魚の群れが広がっていくような、新潟さんのプレッシャーのかけ方の一体感や同時性は、ドルトムントばりなところがありますよね」

前線から圧を強め、組織的かつ主体的にボールを奪いに行くさまは湘南にも通じよう。素早い攻守の切り替えを背景に、攻撃的な守備は、奪ったあとのゴールへの推進力も加速さす。タフな球際や攻守に流れる前への意識が、両者が同じ系統に映るゆえんかもしれない。

反面、ディテールには大枠の印象とは異なる明確な違いがある。たとえば、組織としてバランスを図りながら前線のタレントが攻撃を牽引する印象の新潟に対し、湘南は多くがボールに係わりペナルティエリアに大挙する。湘南にとって最大値を引き出すそのスタイルは、2桁を数える得点者数にも表れている。

指揮官は言う。「系統としては似ていると思います。ただ、我々の特徴はバランスを崩してでも人数をかけて得点を取りに行くところにあるので、そういうキャラクターの違いはあるかもしれない」。新潟を知る藤田征也も、「ボールを持ったときに下げるよりもまずは前を向く部分や、球際に強く行くディフェンス面など同じ部分もあるとは思いますが、実際に入ってやってみると、似ているという感じではないかなと思います」と語る。

バランスというキーワードを分水界に、異なる色が浮かぶ。似て非なるキャラクターの戦い、これまでは新潟に軍配が上がっているが、今節は果たしてどうか。
(湘南担当:隈元大吾)


★湘南から新潟へ
Q
曺監督は新潟を「オレンジドルトムント」と形容しました。新潟から見て湘南スタイルはどのように映っていますか?
(湘南担当:隈元大吾)

A
スタイルが似ているというのは、チームとしても理解しているようです。
湘南の運動量の多さと、アグレッシブな姿勢は新潟もかなり注意しています。走り負けたらやられる、走り負けないというのが対湘南戦の鉄則です。その分、思い切りやれる、小細工なしで自分たちのサッカーをすればいいという雰囲気です。お互い足を止めない好ゲームになると思います。
(新潟担当:鈴木新)
デンカビッグスワンスタジアム(アルビレックス新潟)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.2)
アクセス (3.7)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.4)
アウェイお楽しみ (4.1)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報