【C大阪 vs 熊本】 担当ライター“一問一答”

2015年10月31日(土)

「担当ライター“一問一答”」は、対戦する両クラブの記者が質問と答えをぶつけあう新企画です!

明治安田生命J2リーグ第39節
2015年11月1日(日)13:00KO 金鳥スタ
セレッソ大阪 vs ロアッソ熊本

★C大阪から熊本へ
Q
前節は出場停止でしたが、それまで4試合連続ゴール(5得点、今季通算6得点)と大活躍中で、チームの躍進に貢献している清武功暉について、熊本で活躍できている要因や普段の様子を教えてください!
(C大阪担当:前田敏勝)

A
活躍できている要因は、彼自身のポテンシャルの高さもありますが、ひと言で言えば、「チームの戦い方に合っている」からだと思います。あるいは、「チームの戦い方に合わせられるスキルや特徴を持っている」とも言えましょう。

昨シーズン小野剛監督が就任してから、熊本は全体を高く押し上げてコンパクトなゾーンを作り、相手にプレッシャーをかけて高い位置でボールを奪う守備を培ってきました。必然的にFWの選手にもそうした役割が求められます。実際、チーム最多得点を挙げている齊藤和樹は守備での貢献度も非常に高いのですが、その分、シーズン中盤以降は得点のペースが落ちています。そうした中で、チームとしての攻撃はサイドを起点にして相手を動かす形が浸透しつつあり、アウトサイドから中へ入ってくる動きの多い清武がゴール前でプレーする場面が増え、時間が経つにつれてパスを供給する側の選手ともイメージやタイミングがシンクロするようになってきました。
そうしたチームとしての攻撃の傾向と、ゴール前での清武自身の落ち着きやスキルの高さ、撃てる場面で思い切ってシュートを選択している判断力などが、好調の背景にあるのだと思います。

普段の様子ですが、取材に対しては非常に真剣に、真面目に対応してくれる一方、ピッチでは至って明るいキャラクター。シーズン途中に鳥栖から期限付き移籍してきたにも関わらず、旧知の選手がいたことも関係してすぐにチームに馴染みました。その様子は、岡本賢明に言わせれば「移籍慣れしてるんじゃないか(笑)」というほど。すでに年下の若い選手を食事に誘ったり、精神面でも周りを引っ張る存在になっています。
(熊本担当:井芹貴志)


★熊本からC大阪へ
Q
昇格プレーオフ、ぶっちゃけどことならやりたい? どことやりたくない?
(熊本担当:井芹貴志)

A
まだ可能性のある限りは、J1自動昇格圏内にどんな形でも入り込んでほしいというのが率直な願いです。ただ、J1昇格プレーオフに回ったときには、どの相手も手強いですが、強いて言えば、後半戦での対戦にて勝利したチームとの顔合わせが、C大阪としてはいいのかなと思います。ということで、熊本さんについては、まずは今節の勝負次第ということになるでしょうか。(ぶっちゃけてなくて、すみません)
(C大阪担当:前田敏勝)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報