【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:徳島ヴォルティス

2015年10月30日(金)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
小林伸二監督4年目の今季も、徳島の戦いにおけるカギは守備の粘りであった。それがチームの戦果を決める最大の要素になっていたのは間違いなく、実際その強度がガラリ変わった明治安田生命J2リーグの前半戦と後半戦では成績が一変。徳島はまるで違うチームになったと言えよう。

振り返れば、シーズン前半戦はその強度が足りなかったが故に望む結果を得られないゲームの連続。我慢できず先手を許し、その後反撃は見せても結局引き離されての敗戦。せっかく先制に成功してもリードを守れずのドローなど、徳島は勝ち切ることがほとんどできなかった。もちろん得点力に問題があったことも響いていたが、とは言えわずか3勝に留まってしまった第21節までについては、やはり守備の粘り不足が一番の低迷原因。それがなによりチームを白星から遠ざけていた。

しかし改善を重ね、組織としてようやくその強度をアップさせたことで、徳島は折り返したシーズン後半戦、それまでと全く違った姿を見せ始める。次々と相手を完封、許しても1失点だけ(第22~37節で複数失点を喫したのは第30節・磐田戦のみ)という粘り強い守りで勝利を重ね、勝点積み上げのペースを飛躍的に高めたのだ。そして、そのような追い込みにより、徳島は第37節終了時点で、まだJ1昇格プレーオフ圏内進出の可能性を土俵際ながら残している。第37節では、首位・大宮に逆転勝ちして見事可能性を繋いで見せたが、そうした粘り腰を残り5戦でどこまで貫けるかに今季の徳島の命運は懸かっている。

兎にも角にも、徳島の2015年は最初から最後まで「粘」が大きく関わった年。そう記憶されることだろう。

2015.10.24 Reported by 松下英樹

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集