【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:ロアッソ熊本

2015年10月26日(月)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
シーズンはまだ終わっていないし、どんな結末が待っているのかはわからない。それでも今季の熊本を漢字1文字で表すなら、この文字が最もふさわしいのではないかと思う。

4月、明治安田生命J2リーグ第10節・千葉戦に敗れて7戦勝ちなしの5連敗となった熊本は、最下位に転落した。
これを受け、クラブは5月1日、公式サイトに異例の声明を発表。そこには、小野剛監督の下でチーム状況を立て直し、選手たちに自信を取り戻させること、現場とクラブが一体になって、この苦境を乗り越えていくという決意、覚悟が示されていた。
クラブは現場を、選手たちは自分たちの力とスタッフ陣を、そしてサポーターはチームとクラブを信じる―。早い時期にリリースされたクラブからの声明は、改めてそのことを確認する契機になった。

指揮官は選手たちを信じてピッチへ送り出し、若手は経験のある先輩たちがカバーしてくれることを信じて持ち味を発揮した。攻撃陣はボールが出てくることを信じて走り、ディフェンス陣は前線の選手がネットを揺らしてくれることを信じて相手の攻撃をはね返す。なにより、自分たちが取り組み、積み上げてきたことを信じて前に進み続けた。その結果、シーズン後半に入ってからの猛追で降格圏を脱したチームは、第36節には首位・大宮を撃破。J1昇格プレーオフ圏に手の届く位置まで順位を上げてきた。

挑み続けた結果が果たしてどうなるのか―。それは、最後の笛が鳴るまでわからない。だが彼らは走り、戦う。目標に手が届くことを信じて。

2015.10.21 Reported by 井芹貴志

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報