J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:湘南ベルマーレ

2015年10月26日(月)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
明治安田生命J1リーグ2ndステージ第14節、湘南は味スタでFC東京を降し、J1残留を決めた。今季開幕を前に湘南スタイルの証明を掲げた彼らは果たして、結果を掴むべく自分たちの戦いを深め、1年での降格を2度繰り返した過去を覆した。2年前に降格が決まったときと同じ相手、同じスタジアムというめぐりあわせが、節目の勝利をより象徴的なものにした。

曺貴裁監督が折に触れ、口にする考えを思う。
「日本ではカウンターやポゼッションといった言葉でサッカーのスタイルを切り分けるけれど、サッカーはもともと全部なければ勝てないスポーツ。プレミアリーグやブンデスリーガのゲームが示しているように、すべてを当たり前にできなければいけないし、セットプレーを含めて全部なければ試合には勝てない。かといって全部を浅くやるわけではなく、そのなかでどういうスタイルを目指しているのか、どちらの方向から行くのかをチームとして詰められるかがすごく大事だと思います」

コンパクトフィールドをベースにハイプレスを仕掛け、奪うや素早く縦を目指す。攻守に人数をかけ、相手の判断を凌駕する。そうしたスタイルを基調としつつ、パスを重ねて懐を突く攻撃もあれば、ラインを保ちながら我慢を辞さない守備もある。相手の堅固なブロックに、ならばとセットプレーや流れの先でゴールをこじ開け勝利に結んだくだんのFC東京戦のように、彼らの戦いは単色ではなく、ときに応じて色を増す。

2度の降格を知るキャプテンの永木亮太は言う。
「積み上げだと思います。目に見えないところでのみんなの努力やずっとやってきたことの積み上げによって、力もスピードも体力も、相手に及ばないと感じることがなくなった。先制されても追いつけるようになり、勝点3を取ることもできている。年々ちょっとずつですけど、自分のなかでの目標や手応えも右肩上がりになってきています」

ライトグリーンを基調にカラフルな戦いをピッチに描く。「J1に住む」と指揮官が見定めた未来への一歩は、向き合う日々のもとに結実し、そして深化の道のりはこの先も続いていく。

2015.10.21 Reported by 隈元大吾

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報