【全52クラブ網羅】担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」:ザスパクサツ群馬

2015年10月26日(月)

J's GOALではリニューアルオープンの特別企画として、担当ライターが10月時点で選ぶ「今年の漢字」を連日掲載していきます。対象はもちろん明治安田生命J1、J2、J3の全52クラブ。各クラブを追い続けてきた担当ライターは、一体どんな漢字を選ぶのか!? 応援するクラブだけでなく、いろいろなクラブの「今年の漢字」をお楽しみください!

今年の漢字
ザスパサポーターであれば、この字を「にん」ではなく「あたる」と読むはずだ。今季の群馬は、突如として出現した大学卒ルーキー江坂任の活躍を抜きにして語れない。第37節を終えた時点で、チームで唯一全試合に出場し12ゴール。まさにチームの救世主だ。

流通経済大から加入した攻撃のユーティリティー。新人ながら左MFで開幕スタメンをつかむと、第2節・熊本戦でJ初ゴールをマーク。群馬は第3節に攻撃の主軸として期待されたブラジル人FWタンケが左膝じん帯断裂で長期離脱となったが、その穴を埋めるパフォーマンスで存在感を発揮。FWのポジションで起用され始めた5月中旬以降は、コンスタントにゴールネットを揺らし続けた。
当初は2ケタゴールが目標だったが、シーズン途中から16点へと上方修正。小学校時代のチームメイトでありライバルでもある小川慶治朗(神戸)がJ2時代(2013年)に記録した16点を目指して、貪欲にゴールへと突っ走っている。

シーズン終盤はFWとMFの併用となっているが、それぞれの役割を理解して勝利のために奔走。闘争心むき出しのプレーは、服部浩紀監督が目指す戦いの象徴になっている。
「テッペン(トップ)ではボールを収めてからゴールへ、2列目ではFWの背後からゴールへ向かう。どの位置でもゴールを奪うという役割は同じ。勝利につながるゴールを1つでも多く決めたい」(江坂)

「王子」の称号を与えられた次世代のアタッカーは、ゴールという任務を遂行しながらこれからも成長していく。

2015.10.21 Reported by 伊藤寿学

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集